本文へスキップ

TEL.044-932-1211(代表)

FAX.044-934-4648
〒214-0038 神奈川県川崎市多摩区生田4-32-1

校長コラム「東風吹かば」より

第5号

ウルマンの青春

本校では9月12日、13日の両日に、東陵祭文化部門(文化祭)を行いました。好天に恵まれ、多くの来場者に来ていただき、大盛況のうちに終了することができました。来場者の皆様や関係の多くの皆様に感謝申し上げます。
 その文化祭のパンフレットに、校長のことばとして私の拙文を載せさせていただきました。文化祭のテーマに合わせ、サミュエル・ウルマンの有名な詩の一節を引用して、私の思いを子供たちに伝えたいと思って書いたものです。この私の拙文に対して、望外にも地域の方から匿名のお手紙をいただいたので、紹介させていただきます。

 『今が青春!「青春とは年齢だけでなく…」イクヒの学生の現在に贈る言葉だけでなく、彼等の生涯を通じて記憶し実践されるべき「おことば」です。これだけでもイクヒに学んだ甲斐、幸せがあります。校長先生には本祭だけでなく、学生の卒業時にも贈っていただきたい「おことば」です。』
 この後に自己紹介として、本校の校門前を散歩コースにしていること、現在81歳で中小企業のコンサルタントをしていること、日々、民法、商法、税法、特許法などを勉強していること、新知識を習得することを生き甲斐にしていること、高校で選択しなかった物理、微積分等を70歳過ぎてから学習していることなどが書かれてありました。シニアになってもなお学習し、仕事をしながら「今が青春!」と言える生き方をしている地域の大先輩に頭が下がる思いです。まさにウルマンの青春を体現しているのです。生田東高校の生徒が、こういう地域の大先輩に見守られて育っていることに感慨を覚えるとともに、子供たちにはこの方のように生涯を通して学び続け、豊かな人生を歩んでいってほしいと考えております。

最後に文化祭パンフレットの「校長のことば」を転載せさせていただきます

今年の文化祭のテーマは「東陵祭でアオハル(青春)しようぜ!!」です。「青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ」というのは、サミュエル・ウルマンの有名な詩の冒頭の一節ですが、その後には、「優れた想像力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯儒を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ」と続きます。単に年が若いだけでは青春ではないよと教えてくれています。今年の東陵祭では、生徒諸君の創造力、意志、情熱…を思う存分発揮してほしいと思っています。青春をアオハルと訓読みして異化しようとする表現は、今の若者たちの、青春を「セイシュン」と呼ぶことに対するある種の気恥ずかしさから来ているのかもしれませんが、青春に新たな意味を見い出そうとする試みであるならばそれもありだと思います。昔の「セイシュン」を生きた大人からすれば、今の「アオハル」はどんなものなのか興味があるところです。少なくとも「安易」なものにならないように「冒険心」や「想像力」を十二分に発揮してほしいと思っています。
 ご来場の皆様、本日は本校の文化祭にお越しいただき誠にありがとうございます。生徒、教職員一同、精一杯のおもてなしをさせていただきたいと考えております。生田東高校・高津養護学校分教室の生徒、保護者、教職員が地域の皆様と一体となって取り組んできた本校の教育活動の成果を存分にお楽しみいただきたいと思います。最後になりますが、ご支援をいただいた皆様に心から感謝申し上げます。





バックナンバー

第1回 「夢をあきらめない」
第2回 「鶴栖君子樹」
第3回 「校歌に想う」
第4回 「この道しかない春の雪降る」






ABOUT IKUHI

神奈川県立生田東高等学校

〒214-0038
神奈川県川崎市多摩区生田4-32-1
TEL.
代表 044−932−1211
1年 044−932−1436
2年 044−932−1437
3年 044−932−8989
FAX. 044−934−4648

交通アクセス